世界を一層セキュアにする

MocanaはInternet of Thingsの端末をセキュアにする 。世界を牽引するFortune 500企業または政府機関がMocanaを選択する理由

ご存知でしたか?

Secure Devices

Mocanaではお客様のデバイスに強固なセキュリティーを提供することを一途に取り組んできた。

Mocana-secured-device

現在約1億人もの人々がMocanaのセキュリティー搭載のデバイスを使用。それはドイツとオランダの両国の人口よりも多い。

Certification

弊社の暗号技術はNIST(国立標準技術研究所)の上位13もの研究所にて検証実験を実施。最も厳しいとされるFIPSに認証された。

Android Handset Makers

アンドロイド端末メーカーの世界トップ7社中5社に採用されている

Planes

Mocanaはあらゆるところに。飛行機に、電車に、そして車に

 

イベント参加情報

是非お立ち寄りください! 

 
More Information
Coming soon
 

 

チーム

Bill Diotte
Enlarge

ビル・ダイオット 

最高経営責任者

20年間テクノロジー関連企業の起業家、CEO、そしてマネージング役員を務めスタートアップ会社からFortune500までテクノロジー業界で豊富な経験を持つ。

Mocana社のCEO任命前にはネットワークパイオニアであるソフトウェア会社のBroadHop Inc社を創立し、CEOとして 任務。以後Ciscoが買収。以前は製造業のエンジニアを務めつつGemini社と SRI Consulting社で役員・管理ディレクターとしてハイテク企業をソフトウェアやテレコム市場への開拓を指導。役員としてLiveAction Incを務めた経験もあり、現在ではソフトウェアインフラストラクチャとセキュリティ業界内で複数の会社の投資家またはアドバイザーでもある。

冬季のスポーツへの情熱の他、若く発達中にある会社の新市場開拓の手伝いをすることがビジネス・ホビーである。

クイーンズ大学の理学士号で工学を学び、アイビースクールであるキングストン・ウェスタンオンタリオ大学でMBAを取得。ストックホルム商科大学の国際ビジネスプログラムのアラムナイでもある。

Sandy Taylor
Enlarge

サンディ・テイラー

最高財務責任者

財務エグゼクティブとして8年間KPMG社にて勤務。米国公認会計士でもある。ソフトウェア関連のベンチャー企業での経験が豊富。Respond Networks社ではVPとしてリードし、CEOと共に会社を成長させた。Danger社にてVP及び会計士主任として在籍。在籍期間中、利益をゼロから年間1億ドル企業まで成長させ、Microsoft社へ現金5億ドルでの売却に成功(S-1ファイリング)。後に モバイルペイメントのサービスを提供する企業、Zong社にてCFOとして勤務し、後にPaypal社へ現金2.4億ドルでの売却を実現させた。売却後、PayPal Mobile社にてCFOとなった。Mocana社の前には求人支援企業のWork4Labs社にてCFOを務めた。

BF8E9797-CE43-4595-A8CB-4CB285BF7082.png
Enlarge

ディーン・ウェバー

最高技術

30年以上情報科学とセキュリティー関連の経験を生かしMocana社の最高技術責任者(CTO)を務める。以前はCSCのディレクター兼企業用サイバーソリューションアーキテクトとして勤務。

以前は Applied Identity で最高技術責任者を務め、後にCitrixに売却された。また、大手セキュアアプリゲートウェイの製造会社であるTeros社ではセキュリティアーキテクトとして 務めた後にCitrixに売却。TruSecure/ICSA Labs (現在のVerizon Business Security Solutions)では機密情報収集と査定用のソリューション開発と実装を担当していた。過去には、公的及び民間用のセキュリティアーキテクチャデザインと導入を行うリセラー兼インテグレータの会社をアメリカの中西部に創立し技術部門のVice Presidentとして勤務。さらに、米国海軍にて物理的と電子的セキュリティを担当していた。現在は世界各国の多数のインフォメーションセキュリティイベントのスピーカーとしてInfoWorld, ITEC, InfoSec Europe, InfraGard, Secret Service Security Roundtable, ISSA,等のイベントに参加している。

20CCD2F9-349F-4F31-A88D-1078E4185766.png
Enlarge

スリニバス・クマー

VP of Engineering

コンンピュータネットワーキングとセキュリティの分野にて29年間の実地されたエンジニアとマネージメントの経験を持つ。 2011年にTaaSware社を設立、1年後にはTaaSera社が買収。TaaSware社ではCTOを務めつつSRI Interational社にて客員起業家をも務めていた。過去にはVMware社にてネットワーキングとセキュリティ関連部門に所属。Citrix社の買収まで、Applied Identity 社でエンジニアリングVPを務め、アイデンティティベース・アクセスコントロールのソリューション・アーキテクトとして勤務。また、Nortel, Lucent and Transwitch社ではシニアプロジェクトとアーキテクトを務めた。以前はFirearms Training Systems社でエンジニアリングマネージャとして法務業界と軍事事業用のリアルタイムマークマンシップとシミュリレータートレーニングのデザインと開発を手がけた。

サイバーセキュリティ、ユーザ及びアプリケーションIDベースのアクセス制御、ネットワークとエンドポイントセキュリティ、そして証拠ベースの予測分析の分野にて米国で20の特許を持つ発明家でもある。FIPS,米国国防総省やNATO規格など多数の基準に準拠する製品の開発を取り組んできた。ボンベイ大学で電気工学を学んだ後、クレムソン大学で電気学とコンピュータ工学の修士号を取得。

役員

Alberto Yépez
Enlarge

アルベルト・イエペズ 

取締役会長

Mocana社の取締役会長、そしてTrident Capital社のマネージング役員として現在勤務している。2012年にMocana社の役員のメンバーとなり、2013年3月に会長に任命。

25年以上テクノロジー関連企業での経験を持つ。投資家として、そして事業家としてITセキュリティーや企業アプリやソフトウェア開発へ積極的に投資している。.

AlienVaultとNeohapsis社の役員会長、そしてAirTight Networks社、BlueCat社、HyTrust社ではQualys社(QLYS)の役員を務めている。その他にもCoveo社とSan Francisco州立大学の役員、Hispanic Executive Council(HITEC)の取り締まり会長としても任務している。

過去にはSolera Networks社(Blue Coat Systems社へ売却)、enCommerce社(Entrust社へ売却)、Entrust社(Thoma Bravo社へ売却)、Third Brigade社(Trend Micro社へ売却)Thor Technologies社(Oracle社へ売却)、そしてVitria社(私企業化)の管理職にもついていた。

Tridento社の前, アントレプレナーとして数々のグローバルビジネスを立ち上げ、成功に導いている。EnCommerce社の創業者、取締役会長、そして最高経営責任者、Thor Technologies社の共同CEO、Oracle社とApple社ではシニアマネージメントポジションに就いていた。Apigee社とSecurent社(Cisco社へ売却)へのエンジェル投資家でもある。.

Warburg Pincus社にてEntrepreneur in Residence(客員企業制度)で勤務し、経済執行役会長としてBain Capital社にて勤務。またDeVenCI Initiativeの一員としてアメリカ国坊総省へのコンサルを担当していた。現在、Technology Pioneers Programの一部、世界経済フォーラムのメンバーとして活動している。

ペルーで生まれ育ち、計算機工学、コンピューターサイエンス、そして電子工学の学士をサンフランシスコ州立大学にて取得。その他にもNorthwestern大学のKellogマネージメントスクールと、ペルーのNacional de Ingeniera大学へも通っていた。

Brain Nugent
Enlarge

ブライアン・ヌジェント

Accelerate-IT Ventures社

社長兼ゼネラルパートナーとしてAccelerate-IT Ventures社に所属しながら、成長するテクノロジー企業に資本、ソリューションを提供している。 投資家、起業家、経営者、そしてアドバイザーとして100以上のベンチャー企業に努め、世界中のIT企業と深い親交を持ってきた。ブライアンは自身のベンチャー企業と私企業での経験を生かし、才能ある企業家たちの支援をしている。Accelerate-IT Ventures社以外にもプライベートエクイティファームであるTorch Hill Investment Partners社とパートナーを組んでいる。起業家そして経営者として、公営企業私営企業の両方を経験(例:Wedge Wave社、Applied Identity社)。以前はTeros社(その後Citrix社へ売却)、Atrica社(その後Nokia-Siemens社へ売却)そしてLuxN社(その後Sorrento Networks社へ売却)、3つの企業にてシニア経営者として任務。現在、ThreatSTOP社、Liquid Grids社、MWM Group社、そしてAccelerate-IT社の代表取締役として勤めている。 その他にもブライアン氏は私営企業&ベンチャーキャピタルグループ(The Private Equity & Venture Capital Group), 私営企業投資グループ(The Private Equity Investment Group), サンディエゴベンチャーグループ(San Diego Venture Group)のメンバーでもある。様々なイベントにて講習会を日々行っており、セキュリティー投資家コンファレンス(The Security Investor Conference), AGCコンファレンス(The AGC Conference), CEOトータルアクセスシリーズ会議(The CEO Total Access Series)などに参加。地元の非営利団体の支援をするグループ、PEERS Networkの役員を勤めている他に、2013年、2014年のNational Champion Sunset Water Polo Clubのメンバーでもある。

Rob Coneybeer
Enlarge

ロブ・コニービール

Shasta Ventures社

Shasta Ventures社の創業者。豊富な経験を基に創業間もない企業を支援している。以前はNew Enterprise Associates (NEA)社のパートナーとして、インフラ技術をコアとする半導体事業、ソフトウェア・ネット‐ワーク機器企業への投資案件を15件も成功させた。

ベンチャーキャピタル業界の前は、Martin Marietta社の航空事業部でテストエンジニアとして活躍。同社で初めてのEchoStar宇宙船の開発を手掛けた。

John Scull
Enlarge

ジョン・スコル

Southern Cross Venture Partners社

Southern Cross Venture Partnersの創業マネージングディレクター。パロアルトオフィスに勤務。 同社はシドニー、オーストラリアにもオフィスを展開しており、上海・北京に拠点を置くSoftbank China Venture Capital社と戦略提携している。その他にもジョン氏は、シドニーに拠点を置くBlackbird Ventures社(インターネット関連向けのベンチャーキャピタル(VC))の投資員会として深く関わっている。以前はAllen & Buckeridge社で(VC)でパートナー及び投資委員会として活躍。

ベンチャーキャピタリスト以前は、20年間シリコンバレーのハイテク企業オペレーションのキャリアを経験。2社のソフトウェア会社のCEOを兼務している(Macromind (現Macromedia(MACR))、PF.Magic(後にThe Learning Companyへの売却に成功) アップルコンピュータ社ではマーケティング執行役として、Macintoshパーソナルコンピュータの立ち上げに貢献し、同社のDesktop Publishing ビジネスをUS$1B規模のビジネスへと成長させた経験を持つ。

University of Oklahoma 学部卒、Harvard Universityで MBA取得。

他にはないIoTセキュリティー対策を試してみませんか?

検証ご希望のお問い合わせ